梅田のクリニックならプロペシアの負担も軽くなる

継続的に飲むなら安くて通院に便利な方が良い

薄毛治療を始めて金銭的な面と通院の負担に気づく継続的に飲むなら安くて通院に便利な方が良い遅くまで診療しているから会社帰りに立ち寄れる

最初に選んだ病院は、家から近いということがポイントでした。
自宅の近くでは通っていた病院以外でも処方してくれなかったので、選択肢がなかったわけです。
ですから高額な費用が気になっていても、他を選ぶということができませんでした。
ところが勤務先の梅田にあるクリニックでは、地元の病院よりも安い価格で処方されています。
金額にすると数千円の違いなのでそれだけでも大きく、これが毎月積み重なっていくわけですから、年間にすると1万円以上の金額になります。
プロペシアというのは終わりがなく飲み続けなければ再び薄毛の症状が出てくる薬なので、継続的に飲むことを考えたら梅田のクリニックで手に入れるのがベストですよね。
しかも通院の利便性という点を考えても、地元の病院よりも圧倒的に梅田のクリニックです。
地元の病院は平日の夜間は開院していないため、プロペシアを受け取るためには土曜の午前中に行くしかありません。
休日の土曜はゆっくり寝ていたいですし、プライベートな予定が入っているときもあります。
さらに土曜の午前は病院も混んでいるため待ち時間が長いので、毎回通院するたびにストレスを感じていました。

抜け毛を予防するお薬は、先発品と後発品(ジェネリック)とあります。

先:ザガーロ、プロペシア
後:デュタステリド、フィナステリド
お薬としての効果は変わりませんので、長期的に飲み続けるお薬となりますので価格を抑えられる後発品をおすすめします。
#薄毛 #抜け毛 #AGA治療 #薬

— 薄毛は治せる#AGA (@AGA20211222) March 9, 2022